引越しの際は一時的にペットホテルに預けよう!

ペット(犬)の引越しにはペットホテルを活用

当時、一人暮らしをしていた私(女)でしたが、結婚することになり、それまで住んでいた東京郊外のアパートから千葉県の借家へ引っ越すことになりました。

 

引っ越しが決まって、まず心配したのは、飼っていたペット移送方法でした。
独身の寂しさを癒すために飼いはじめた「2匹のミニチュアダックス」です。

 

ミニチュアダックスの引越し

 

どうやってペットを移動する?

  • 自家用車もないし
  • レンタカーを借りるにもわが子たちは車に大変酔いやすい(すぐに吐いてしまう)

ので車移送は難しい状況でした。

 

また引っ越し当日は平日のため、引っ越し業者の方2名と私の3人で作業をすることになります。
作業中、人なつっこいわが子たちは絶対に業者さんの邪魔になります。

 

私一人しかいないため、この子たちの世話をしていたら作業が全然はかどりません。

 

「う〜ん、困った…」
と思いながらも、引越し準備を進めていきました。

 

準備中、たまたま見つけた救世主はペットホテル

仕事の最終出勤日も終了し、引っ越しに向けて本格的に動き始めた頃のことです。

 

入居前の掃除をするために千葉の新居へ行く途中、たまたま新居近くに動物病院併設のペットホテルを見つけました。

 

中もとてもきれいで、ネット上の口コミの評判もよさそうでした。
「ここにお願いするしかない!!」
そう思い、すぐに予約を入れると、引越し当日の前々日から予約することができました。

 

「前々日」としたのは、前日は準備で手一杯になるので「ペットホテルに移動している余裕はない」と考えたからです。

 

引っ越し前々日、作戦開始

部屋の中が段ボールだらけになってきた引越しの前々日。
いよいよミニチュアダックスたちの移動です。

 

わが子たちをお気に入りのペットカートに乗せて、電車で新居近くのペットホテルに向かいました。

 

途中で気持ち悪くなったりトイレに行きたくならないよう、お世話になっているペットショップさんのアドバイスで、

  • あえてごはんは抜き
  • 水も多く飲ませない

状態でいきました。

 

電車での状態は?

移動中、緊張し震えていることもありましたが、

  • 吠えることなく
  • おとなしくしてくれた

ため、とても助かりました。

 

乗り換えの駅で一度カートから出し、気分転換をするようにしながら、約2時間かけてペットホテルに到着しました。

 

病院併設ペットホテルの安心感

初めてお願いするペットホテルに2泊させるという心配はありましたが、病院が併設だったため「何かあったらすぐに受診させてもらえる」という安心感がありました。

 

我が家の場合、二匹の仲が非常に良く、いつも一緒にいるため、お互い安心できるようあえて大きなスペースで2匹一緒に入れてもらうようお願いしました。

 

先生や看護師さんみなさん笑顔で迎えてくださったこともあり、安心して預けることができました。

 

スムーズな引っ越し作業、そして、お迎え

引越しの前々日にペットホテルへ預けたおかげで、前日・当日は作業に集中することができました。

 

引っ越し当日は、

  1. 朝一番に業者さんが到着
  2. 昼すぎには新居に荷物の搬入が完了
  3. 午後は集中して片付け
  4. 夕方にはある程度の居住スペースを整えられた

という流れで進んでいきました。
なので、夜までには我が子たちをお迎えに行くことができました。

 

我が子たちの新居への反応

初めての環境にとまどう様子もありました。

 

ですが、

  • ペットシートをしつけ用の匂いがあるものに変えてトイレの場所を覚えさせたり
  • 入ってほしくない部屋の前に柵をおいてしつける

ことで、お互いが少しずつ新居の環境になれていきました。

 

今では庭をドッグラン状態にして、天気がいいときは二匹で走りまわっています。

格安引越しの答えは一括見積もり