当日の作業員さんには何か渡すべき?

心づけ・チップ・差し入れは必要なの?

引越しをする時には、当日の作業員の方に「心づけ」というチップのようなものを気持ちだけ渡すことが習慣となっています。

 

引っ越し業者には別途、料金を支払っているので本当は必要がない出費なのですが「しっかりとやってくださいね」という気持ちを作業員の方に伝えるために行われることが多いです。

 

心づけやチップの必要性

 

ですが、最近では、大手の引越し業者の中で「心づけは受け取らない」という方針のところもあるようです。

 

単身引越しの場合

私がアリさんマークの引越社を利用した時は、当日の作業員の方に「心づけ」を用意しました。

 

2名の方に来ていただいたので封筒を2つ用意し、それぞれ千円ずつ入れて、最初の挨拶の時に「気持ちですが飲み物代に使ってください」と言って渡しました。

 

出費としては2千円でしたが、本当はこういう日本的な習慣は嫌なものですよね。

 

ただ、渡す渡さないで迷ったり、心づけを渡さなかったことで、当日の作業員さんの仕事ぶりがどうなるかを変に心配するよりは、渡してしまった方が気が楽なような気がします。

 

もちろんアリさんのようなしっかりとした会社の作業員さんなら、心づけを渡さなかったとしても何も問題なかったと思います。

 

不安な方は、契約後に営業マンの方に、聞いてみるのも良いと思います。

 

夫婦で引越しの場合

夫婦で引越しした時は、作業員さんが4人でしたので、2千円を封筒に入れて代表者の方に手渡しました。

 

さすがに1人千円だと4千円になってしまって高いですよね。
かといって、一人に5百円ずつ渡すのも悲しいので、代表者に渡すという方法と取りました。

 

飲み物の差し入れ

心づけでお金を渡すのがモッタイナイと感じる場合は、飲み物でも良いのではないでしょうか?
それでしたら、

  • 2人:2百円
  • 4人:4百円

と少ない出費で抑えることができます!

 

忘れがちな挨拶品の用意

「心づけ」も出費ですが、ご近所への挨拶品の用意も出費になります。

 

挨拶品は、

  • お世話になった人達だけでなく
  • これからお世話になる人達

へも必要です。
忘れやすいところですので、注意しましょう!
私も荷造りや、事務手続きに追われ、ギリギリになってから思い出し慌てた経験があります。

 

どの程度の挨拶品を用意するかは、単身者の場合と家族世帯でも違ってくるのでケースバイケースと言えます。

 

マンションやアパート暮らしの場合は、上下、左右のお宅と管理人さんぐらいで良いです。
ですが、社宅となると、もう少し範囲を広げないといけなくなりますよね。

 

私が用意した挨拶品

私の場合、予算は1個200〜300円前後といった感じで、

  • タオル
  • 洗剤

といった実用品を用意しました。
それに一言書き添える様にしました。

 

また、その地域では手に入らないお菓子などを用意したこともあります。

 

日持ちのするお菓子を選んで、旧居では引っ越しの数日前に挨拶に行きました。
新居では、当日か翌日には挨拶に行く様にしていました。

 

ネットだと、必要なら熨斗をつけて貰うことも可能ですし、まとめて買うことで送料もかからない場合が多いです。

 

以上が、「心づけ」や「挨拶品」で、余計な出費を少なくするためのアイデアでした。

格安引越しの答えは一括見積もり