新居の下見でやること

新居に下見に行った時にチェックしておくこと

新居が決まり引越をするまでに、遠方ではない場合は、必ず新居の下見に行かれると思います。
その際の新居チェックの際に持っていくと便利な物を、このページで紹介していきます!

 

新居チェックの際の持ち物

まず、不動産会社から間取り図のコピーが貰えると思いますので、その図面を持って新居に行きましょう。
この「間取り図」が主役となります。

 

間取り図

 

他には、

  • 各部屋、キッチン、玄関を採寸する為のメジャー
  • 実際の現場を押さえるためのカメラ
  • 筆記用具

などがあるといいでしょう。これらを揃えて新居のチェックを開始します。

 

間取りのチェック

新居チェックでもっとも重要だといえるのが、間取りチェックです。

 

  • 各部屋の広さ
  • 家電・家具を置く場所
  • キッチンのガスコンロ
  • カーテンの採寸、カーテンレール

などの採寸がわからなければ、この後の購入段階で、お店で立ち往生してしまうことになるでしょう。
そして、「もう一回新居に行ってサイズを測らないと・・・」となって二度手間になってしまいます。

 

旧居にある家具を置けるか?

合わせて上記のことも事前に確認しておきましょう!
もし今使っている家具を置くスペースが無いならば、早めに決断して買い直していく必要もでてきます。

 

それだけでなく、新居には多くの物を搬入しますが、玄関の大きさや、実際の長さを知っておかなければ搬入した後に設置できない場合があります。

 

事前にこれらの採寸をしておくことで、スムーズに引越物品の搬入ができます。
この点は雰囲気だけでやると、本当に何も準備が進みません。

 

しっかりと採寸して、間取り図にメモしておくようにしましょう!

 

ガスコンロ、水周りをチェック

間取りの確認の後は、生活に必ず必要となる、ガスコンロや水周りである水道などのチェックをしましょう。

 

ガスコンロは、

  • 都市ガスなのかLPガスか
  • どちら側が壁か
  • どのサイズまで置けるか

の確認をしておきましょう。
また、ガス栓の位置、水道栓、下水なども簡単にで良いですのて見ておきましょう。

 

異臭がしないかなども軽くチェックしておくと、入居後に問題となりにくくなります。

 

窓を開けた時の状態

下見の時はそれほど気にならないかもしれませんが、窓を開けた時の状態が生活しやすいかどうかは、結構日々のストレスに影響してきます。

 

例えば、

  • 隣の家の窓が目の前にあって、お互いが丸見え
  • 窓を開けた場所に人がたくさん集まる建物や公園がある
  • 大きな道路に面している(騒音や排気ガスの問題)

などなどの環境ですと、特に夏場が大変です。

 

冬でしたら、窓とカーテンを閉めておけば問題ないですが、暑い季節になってくると少し窓を開けたいというシチュエーションが増えてきます。

 

その時に気軽に窓を開けられない環境ですと、非常にストレスを感じます。
ですから、特に窓を開けたい派の方は、リビングの窓が気軽に開けられる間取りなのかをチェックするのを忘れないようにしましょう!

 

床や壁が薄くないか?

近年、近隣住民との騒音トラブルは非常に増えてきています。
その原因となっているのが「壁と床の薄さ」です。

 

特に床が薄い物件で、さらに上の住人がスリッパを履かず、カカトから着地して歩くタイプの人だと、かなりドンドンドンという振動に悩まされることになると思います。

 

足音の騒音問題で、ストレスにより精神的に追い込まれる方もいますので、気にしがちな方は事前に念入りな確認をしておいた方が良いと思います。

 

余裕があれば最寄り駅から新居までの導線を確認

駅から自宅までの道のりというのは、とても大切です。
例えば、コンビニ一つないようですと、思っている以上に不便だからです。

 

また、自炊している人であれば帰り道にスーパーに寄る確率が多いでしょうから、これもチェックが必要です。
もし「最寄り駅の反対側にしかスーパーがない」というような環境でしたら、非常に困ったことになりますよ。

 

治安や安全面の確認も!

飲み会や残業が多い方は、夜遅い時間に駅から自宅まで歩いて帰ることになると思います。

 

その際に、

  • 街頭のない細い道路を通る
  • 公園を突き抜けないと帰れない

というような帰り道の状況ですと、実際に危ないかどうかは別として、夜の帰り道に怖さは感じてしまうと思います。

 

新居に初めて行く時は、不動産仲介会社の営業の方の車で行くこともあるとは思いますが、帰り道は「駅まで歩きたい」などの要望を伝えて、契約前に必ず一度は歩いてみることをお勧めします。

 

その他のチェックポイント

このほかにも事前に調べておきたい点は、

  • 陽当り
  • 入居する際にトラックをおいておけるスペースがあるのか
  • 道路の幅はあるか
  • エアコンの設置箇所はどこか
  • コンセントの位置はどこにあるか
  • エレベーターはあるか

などです。

 

そして気になった部分などは小まめにカメラで撮影しておくと良いでしょう。
また、その写真は、トラブルがあった際の不動産屋との交渉にも利用することができます。

格安引越しの答えは一括見積もり