荷造りのコツを紹介しています

荷造りに必要な物と効率的なテクニック

引越が決まると荷造りが必要になりますよね。
ただし、業者に全てを任せるプランの方はこの作業は必要ありません。

 

まずは荷造りに絶対に必要なアイテムを準備

ダンボール

これは荷造りの際の必需品です。
単身で引っ越す時にも案外食器や小物を入れる為に必要になりますので、多めに用意しておくといいでしょう。

 

ダンボールを用意

 

通常は業者が用意してくれますが、全てを一人で行う場合には、

  • ホームセンターなどで購入するか
  • コンビニや薬局で無料で貰う

という選択肢があります。

 

緩衝材

これは発泡スチロールなどがあれば良いのですが、無ければ新聞紙などでも代用可能です。
ゴムパッキンやサランラップなどを代用する方もいらっしゃいます。

 

新聞紙でもOK

 

テープ類

ガムテープやセロハンテープがダンボールのふたを閉める際に必要になります。

 

紙製のガムテープだと、マジックペンで内容物を書いてダンボールにはりつけておけます。
中身がわかりますので取り出しやすくなりますよね。

 

他に必要なもの
  • カッターやハサミなどの簡単な工具
  • 掃除用具

も準備しておきましょう。

 

必要な物のまとめ

絶対に必要なものについてはこの程度になります。
そんなに多くはありません。

 

荷造りで大事なことは捨てる勇気

続いて、荷造りのコツやテクニックについては下記で紹介していきます。
心構えとして、荷造りで一番重要なことは「不要なものを全て捨てる勇気」です。

 

最近では「断捨離」という言葉もありますね。
不要なものは引越の早い段階で捨ててしまいましょう。
ただし、思い出の品までを間違って捨てたりしないように充分注意してくださいね。

 

荷造り開始

まずは、

  • 捨てるもの
  • 持っていくもの

を分けて荷造りを開始します。

 

重いものや使わないものを小さなダンボールに詰めていき、忘れないようにペンなどで内容を記しておきます。

 

注意点としては「重いものを詰めるときは大きなダンボールに詰めてはいけない」ということです。

 

重い物は要注意

 

想像以上にダンボールが重くなりますし、ダンボールが重さに耐えられず壊れたり怪我の原因になってしまいます。

 

特に大きなダンボールに本をたくさん詰めないよう気を付けましょう。

 

新居のどの部屋で使うのかなども記載する

梱包したダンボールには内容物をメモしておきますが、その際に「どの部屋で使うか」も合わせて書いておきましょう。

 

そうすると、搬入の際に、引越し業者さんが各部屋に運んでくれますので、自分で荷解きする時に非常に役立ちます。

 

引越直前まで必要なものは分けておく
  • 印鑑
  • 薬箱
  • 大事な書類

など直前まで必要なものは、わかりやすく一まとめにしておきます。

 

これは引越し当日に間違って運んでしまわないように、ダンボールではなく常に持ち運ぶバッグなどに入れておくと良いでしょう。

 

皿などのワレモノなどは新聞紙に包み縦に入れる

荷造りで搬送した後、一番壊れている可能性が高いものが食器です。

 

横に入れてしまうと積み重ねた際の重みで下に入れている食器が壊れやすく、また隙間ができてしまうので食器同士がこすれて傷がついてしまいます。

 

縦に積み重ねるようにして、あまったところには新聞紙などの緩衝材をシッカリりと詰めておくようにします。

 

他にわけておくといいもの

家電の配線などは色違いのビニールテープでわけておくと後々便利です。

 

あとは食材などの調味料ですが引っ越す直前に使い切ってしまうのが一番ですが、出来ない場合はビニールテープとサランラップで来るんで運ぶようにしましょう。

 

ダンボールの中身を写真撮ってナンバリング(荷造り上級編)

荷造りの理想形は、引越し先で荷解きがしやすいように「部屋別に分けて梱包して、さらにダンボールの中に何が入っているか?」が簡単に把握できる状態にしておくことだと思います。

 

しかし引越し前は何かとバタバタするもの。
最後は時間との戦いになるので「とりあえず箱に入れてしまえ!」という展開になることもあります。

 

そんな時は、「箱に詰める予定のアイテムを写真に撮っておく」と荷解きの際に便利です。

 

その具体的なやり方を紹介します!

 

ダンボールに入れる前に写真撮影、箱にもナンバリング

ポイントは箱に詰める前に、入れるアイテムをできるだけ平置きで撮影することです。
この際、箱の番号がきちんと写りこむように撮影してください。

 

箱に直接番号を書けない場合は、別紙に番号だけ書いて写りこませてもOKです。

 

なぜ箱詰めする前に撮影するか?というと、箱に詰めてしまうと下に入れてしまったアイテムが写らないからです。

 

引越し先でいざ入用になった場合、空いていない箱を順番に開けて中身をひっくり返すという不毛な作業を避ける事前準備だとお考えください。

 

撮影した写真はデータのままでも結構ですが、余力があればプリントしておきましょう!

 

100円均一などで販売されている写真ホルダーに入れておくと目録代わりに使えます。

 

荷造りのちょっとしたコツ、いかがでしたでしょうか?
引越し後の「物がどこにいったのか分からなくなる」や「物を探しているうちにどんどん散らかってしまう」といったトラブル解消にお役立てください。

格安引越しの答えは一括見積もり