冷蔵庫の水抜きは必須です!

冷蔵庫と洗濯機の水抜き

引越しの準備の時に「これはどうするの?」と悩んでしまいがちな電化製品と言えば、

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機

の2つです。

 

基本的には、事前に何の工事も必要なく、
当日になれば引越し業者の作業員さんが運んでくれます。

 

水抜きについて

訪問見積りの時に注意事項として言われると思いますが、この2つの家電の場合は「水抜き」という作業が、前日に必要になります。

 

冷蔵庫の水抜きをしよう

 

ただし、洗濯機の場合は「水抜き不要」ということも多くなってきていますので、わからない場合は、引越し業者さんに確認しましょう!

 

冷蔵庫の水抜き

冷蔵庫の中を空にしたら、1日前(少なくとも引越前日の夜)にはコンセントを抜いて水抜きをします。

 

水抜きと言っても、コンセントを抜いておくだけで大丈夫です。
一晩も経てば、霜が十分に落ちきるので、水滴などが他の荷物に影響を与えてしまう可能性はなくなります。

 

古いタイプの冷凍庫

昔は冷凍庫の中がドンドンと狭くなってしまうほど、霜が溜まっていくタイプのものがありました。

 

その場合は、その霜を溶けきらせてしまわないと、トラックの中がビショビショになってしまうなどの影響が出てしまいます。

 

ただし、最近ではそのタイプを使っている方は稀だと思います。
また、引越し業者も冷蔵庫のタイプを見て、きちんと注意点を説明しているようです。

 

冷蔵庫の下にトレイがある場合

このタイプもほとんどないですが、トレイがある場合は、そこに水がたまっていますからそれを捨てましょう。

 

食材や調味料について

もちろん、水抜きの前に冷蔵庫に残っている食材などを全て処分しておきましょう。
基本的には引越の当日までに調味料以外は食べきるようにしましょう。

 

食べ切れなかった場合は、

  • クーラーボックスに入れたり
  • 発泡スチロールの梱包材などを利用する

と半日〜1日程度は持ちますので利用してみてください。

 

新居にて

新居に到着後、冷蔵庫の電源を入れて2〜3時間程度は経たないと冷蔵庫内はきちんと冷えません。

 

食材などをすぐに入れるのは避けて、充分に冷蔵庫内が冷えてから、余っていた食材などを入れるようにしましょう。

 

洗濯機の水抜き

昔は洗濯機の内部に水が溜まるタイプがありました。

 

ですが、最近はそういうタイプのモノはありませんので、引越し業者さんも「洗濯機は何もしなくても大丈夫」と説明するところが増えてきました。

 

ホースを水道から外したりすることも、全て業者のスタッフさんがやってくれます。

 

古いタイプの場合

脱水したと思っていても内部には水分が残っている場合がありますので、きちんと水抜きをしておく必要があります。

 

この水抜きを怠ると、他の物が濡れたりしてしまう可能性があります。

 

もし洗濯機の水抜きを行う場合

手順としては、

  1. 洗濯機につながっている蛇口を閉め、給水されないことを確認する
  2. 洗濯機をスタートさせる

この作業で給水ホースの中の水を抜くことができます。

 

最後に排水ホースを取り外して「脱水」します。
これで排水ホースと洗濯機の内部にある水分を抜くことができます。

格安引越しの答えは一括見積もり