ギターを売ってしまいませんか?

弾かなくなった楽器は買取りで処分

学生の頃に組んでいたバンドで使っていたギターや、趣味でDJを始めたけど、もう使わなくなってしまったターンテーブルなど、楽器をお持ちの方は、引越しの機会に高く売ってみるのはいかがでしょうか?

 

ギターを売る

 

「えっ楽器なんて売れるの?」
と思われた方も多いと思いますが、最近は本やゴルフクラブ、カメラなどと同じように楽器も中古で使うのが一般的になってきています。

 

「たまに弾くかもしれないから売りたくないな。」
という方もいると思いますが、うちの父親もそのように言いながら10年以上も自慢のアコースティックギターを押入れの中にしまい続けております。

 

というのは冗談だとしても、売れる時に売ってしまうのが高く買取りしてしまうためのコツですし、引越し代を稼いだり、荷物を少なくするために処分するという意味でも買取りを考えてみてはいかがでしょうか?

 

売れる楽器の種類

中古の買取専門店が求めている楽器には以下のようなものが挙げられます。

 

全ては紹介できませんので一部だけ紹介しておきますね。

  • ギター(エレキ、アコースティック)
  • ベース
  • キーボード、シンセサイザー
  • サックス、トランペット、トロンボーン
  • フルート、クラリネット
  • ドラム
  • ターンテーブル
  • ウクレレ

など、よほどのジャンク品でなければ値段は付きますので、査定に出してみてください。
でも「お店まで行くのが面倒!」という方には宅配買取りがオススメです。

楽器買取ネット

 

ネットから業者に無料査定を申し込むと「ダンボールなどの梱包用具」と「着払いの伝票」が送られてきます。

 

それに楽器を梱包して着払いで郵送すれば、送料無料で行なってくれます。
あとはメールで査定額の連絡がくるまで待つだけです。すごく便利になりましたよね。

 

楽器を高く売るポイント

(1)汚れを落とす

練習や保存時に付いてしまった汚れは、自分で可能な範囲でクリーニングしておきましょう!
それだけでも業者の査定額は上がるので、やっておかないとモッタイナイですね。

 

(2)付属品

購入時に付いていた説明書などの書類やケーブル、アダプタなどの付属品も忘れずに楽器とセットで査定してもらうようにしましょう。

 

付属品が揃っている状態だと、かなりの高額も期待できますよ。

 

(3)ビンテージ

もちろんビンテージは、通常の楽器よりも高く売ることができます。
もしかしたら、購入した時よりも稀少性が増していて、さらに高く売れるかもしれませんね!

 

実家を出て、ひとり暮らしを始める場合など、新居はおそらくそこまで広い部屋ではないでしょうし、実家に置いていったら今後100%の確率で楽器なんて使わないでしょうから、引越しのタイミングで売却してしまうのがベストだと思います!

 

稼いだお金は、引越し代にしたり、新居に置くカッコイイ家具代などに使って有効活用しましょう!

格安引越しの答えは一括見積もり