業者から無料で貰える備品

無料でダンボールやガムテープをもらって費用節約

最近では、一般的になってきましたが、大手の引越し業者さんと契約すると必要な備品を無料でもらうことができます。

  • ダンボール
  • ガムテープ
  • 食器梱包用のシート
  • 布団袋

 

無料で貰えるモノ

 

ダンボールは、単身引越しで20枚、家族で40枚は必要ですから、コンビニでもらってくるとなると、結構、大変ですし、大量にもらってくるのは恥ずかしいですよね。

 

ガムテープや食器梱包用のシートは、100円ショップで購入することができますが千円くらいの出費になってしまいます。

 

また、布団袋に関しては、ほんの少し前までは2〜3千円出して購入する必要がありました。

 

これらを合わせると3〜5千円分は得していることになるのですよね。
本当に助かります。

 

でも、引越し業者は、なぜ経費をかけてまで、これらのモノを無料で提供してくれるのでしょうか?

 

無料の理由

これは引越し業界特有のルールが生んでいると言えます。

 

例えば、私が業者Aに見積りしてもらって、値段もサービスも気に入ったので「それじゃあお願いします」と見積もり書にサインをするとします。

 

ですが、後日、業者Bがやってきて、Aよりも良い条件でやると言ってきました。
私は「それじゃあBにお願いします」となり、Aには断りの電話を入れることでしょう。

 

引越し業界では、このような心変わりが許されてしまう業界なのです。
なぜならサインをしたのは「見積もり書」であり「契約書」ではないからです。

 

約束を破ったとしても引越し日直前ではない限り、何ら罰則のない業界なのですね。
こういったことを防ぐために行われているのが、見積り書にサインまで交わした家には「ダンボールやガムテープを置いていく」というサービスです。

 

こうすると利用者としては「本当なら他社に乗り換えできるのだけど、もうダンボールを置いていかれてしまっているし面倒だから、このままにしようか。」というように考えてしまうものなんです。

 

しかも、もし他社に乗り換えるとしたらダンボール回収は、自腹で郵送代を負担することになったり、回収手間賃として千円ほどの費用を取る会社もあります。

 

なかなか他社への乗り換えは面倒だと考えてしまいますよね。

 

業者としては、この心理的な乗り換え防止効果を期待する方が、ダンボール等を無料でサービスする経費よりも利益がある。ということなんですね。

 

「見積り書にサインはするけど、もしかしたら他のところに乗り換える可能性がある。」という方は、ダンボールは後日持ってきてもらうようにお願いしましょう。

 

そうすることで、他の業者に乗り換えるときも、電話1本で断りを済ますことができます。
ただし引越し日の3日前など直前だと違約金を取られてしまいますのでお気をつけください!

格安引越しの答えは一括見積もり