複数の人数で交渉しよう!

交渉は家族や友人の力を借りる

引越し業者との値下げ交渉を何回か体験してきて気がついたことは「交渉は一人でやるより、家族や知人の協力してもらって複数で行う方が効果的」ということです。

 

というのも、業者があんまり値下げしてくれない時は、意外と一人でも粘れるものなのですが、困るのはある程度の料金を下げてもらった後なんです。

 

例えば、

  • 「平日にするから安くしてください」
  • 「午後便にするので、もう少し安くなりませんか?」
  • 「家電や粗大ゴミを無料で引きとってもらえますか?」

というお願いをあなたの方からしたとします。

 

すると、大体の営業マンは、
「もう本当にギリギリですが、頑張って値引きさせてもらいます!」
というような言い回しで、あなたの要求の1個か2個は飲んでくれるものです。

 

さて、ここで問題ですが、
あなたは、そこからさらに値下げを要求することができますか?
これがなかなか難しいのです。

 

多くの方が「値下げは上手くいったし、これでサインしちゃおうかな?」という満足感を得て、ある程度のところで終わりにしてしまうんですね。

 

さすが営業マンは何十回、何百回と交渉を重ねてきている人が多いので、人間が話し合いで納得しやすいポイントを知っていますね。

 

ですが、そこで満足してしまっては激安料金とは呼べません。
そこからさらに値引きをしてこその格安引越しなのです。

 

どうしたらさらに粘れるか?

一人では粘れないとすると、そうなると誰かに協力をお願いしなければなりません。

  • 家族
  • 恋人
  • 友人、知人

交渉手伝ってよ

 

誰でも良いと思いますが、できれば正確は大人しめな人ではなく、ズケズケと言える人の方が良いですね。

 

また、過去に引越しをしたことがある人の方が、値下げの方法やお得情報を知っているかもしれないので適任です。

 

協力者が見つかったら、このサイトに書いてある値下げができる可能性のある方法を、その人と共有します。

 

そして「最初に私がこれをお願いするから、それが終わったら次はここをお願いね。」
というように、喋る順番を決めておきます。

 

こうすることで、一度、営業マンが要求を飲んでくれたとしても、そこで満足せずに、すぐにその次の値下げ要求を提案できるというわけです。

 

これを繰り返していけば、営業マンが困り果てるまで交渉を続けることができるので、格安料金での引越しになる可能性が高まります。

 

単身引越しの方は、なかなか協力者を見つけるのが大変だと思いますが、ぜひ頑張って見つけてみてください!

格安引越しの答えは一括見積もり