長い距離の引越しなら大手を選ぼう!

長距離引越は大手業者の方が安い

荷下ろしが翌日以降になる引越し・・・
つまり引越し全体で2日以上かかるような長距離引越しの場合は、大手業者の方が確実に安くなります!

 

これは引越しの基本料金が、

  • 移動距離
  • 人件費

によって決められるからです。

 

長距離の例

例えば、福岡から東京への引越しを例に取り説明します。
この距離は1000キロ以上の移動で、当日1日だけでの作業完了はムリです。

 

荷物を積み込んだあとにトラックが走るわけですが、大手業者の場合は運転手一人で移動した後に東京の営業所の作業員と合流できます。

 

長距離引越しのポイント

 

それから新居に向かって一緒に荷下ろし作業を行います。
福岡から東京に移動する作業員さんの数は1人で済むという点がキーポイントになってきます!

 

一方、地元の中小業者の場合は、東京に営業所がないと思いますので、福岡から作業員を連れて行く必要があります。

 

作業員が2人、3人、4人と増える度に、人件費がかさんでいきます。

 

さらには、福岡の会社でしたら作業が終わったら帰らなければなりません。
帰りに載せる荷物を見つけることができなければ、「空車」での移動のコストも料金に跳ね返ってきます。

 

そのようなことから、長距離引越しの場合は、

  • 旧居
  • 新居

の住所の近くに営業所を構えているような大手業者の方が安く済ませることができます!

 

短距離の場合

近距離の当日の引越しは、一般的に「積み込みから荷下ろしまで」数時間で作業が完了しますので、上記のような面倒なコストがかかりません。

 

なので、

  • 人件費が最小限に抑えられている
  • CM等の余計な広告経費がかかっていない

中小業者の方に分があります。

 

そもそも大手しか連絡が来ないという口コミ

引越しは、普通の人ならそうそう行うものではないので、どのような業者があるのか・良いのか、わかないのが通常です。

 

いざ引越しが決まった時、例えば会社都合の転勤で、会社が手配してくれるならいいのですが、そうでない場合、どこで引越し業者を決めたら良いのでしょうか?

 

そんな場合、webで複数の業者に同時に見積もり依頼できるサイトが便利です。

 

ですが、私の場合は長距離の移動を伴う引越しだったので、見積もりを出してくれた業者は大手と呼ばれる会社からしか来ませんでした。

 

その中で一番熱心だったサカイ引越しセンターにお願いしました。
というか色々悪条件が重なり「キチンと見積もりの値段を出してくれたのがサカイだけだった」という事情もあります。

 

見積もりを出した時に即決したところ、そこから更に割り引いてくれたので良かったです。
サカイは、梱包でも開梱でも仕事も丁寧で作業員も礼義正しく頼んで良かったと今でも思います。

格安引越しの答えは一括見積もり