失敗しないエアコン引越しの方法

エアコンプランは最初からパイプ無制限を選ぶ

私も過去にエアコンで2回ほど嫌な経験をしています。

 

エアコン引越し

 

引越し業者は、比較的にしっかりと仕事をしてくれるところを選んでいますので、本来の作業の方に不満を抱いたことはないのですが、エアコンに関しては、どうしてこんなに杜撰(ずさん)なのか?

 

正直、理解ができないところです。

 

よくあるトラブルは?

クレームが起こりやすい、よくあるトラブルはパイプ(ホース)の延長料金だと思います。

 

旧居のエアコンを外して新居に取り付ける場合に、パイプの長さが足りないと1メートルにつき3千円の延長料金を取られるので、引越後の取り付け時に思いも寄らない追加費用を取られることになるのです。

 

「引越し自体の料金が安く済んだ!」
と喜んでいればいるほど、その追加費用のショックは大きく、それが「何でもっと詳しく説明してくれなかったんだ!」という業者に対するクレームにつながっていくのです。

 

とはいえ、文句ばかり言っても仕方がありませんので、この問題に関しては私たち利用者の方で対策を考えなければなりません。

 

私が過去2回のイヤ〜な経験を通して、わかったことがあります。
それはエアコンの引越しに関して、安全で料金も安く済む方法は、必ず「スーパーパック(パイプ延長6メートルまで対応)」を選んでおくということです。

 

引越しパック

まずは、業者が用意している「エアコン引越しパック」について簡単に復習しておきましょう。

 

大手の業者なら、だいたい3つのプランを用意しています。

  1. 基本工事:取り外しと取り付けのみ(約1万円)
  2. スーパーパック:パイプ延長6メートルまで対応(約2万円)
  3. 化粧カバー付き:スーパーパックに見栄えの良い化粧カバーも追加されたプラン(約2.5万円)

おそらく、多くの方は(1)基本工事プランを選択してしまうと思います。

 

なぜなら、まさかそんなに簡単にパイプの延長が発生するなんて知らないですし、業者からも説明を受けないからです。

 

1回目のトラブル

私が始めてエアコンの移動込みで引越しをした時のことでした。
選んでいたのは「基本工事プラン」です。

 

ですが、新居での取り付けの時に、エアコン業者の人から、
「パイプ延長6メートルで18000円かかりますが良いですか?」
と言われました。

 

いやいや良いわけがありません。

 

基本工事プラン料の1万円は既に支払っているので、そこからさらに18000円かかるなら、最初から「スーパーパック」にしてるわ!
ということで猛抗議しました。

 

でも、結局は当日のプラン変更は認められないということで、仕方なく追加料金を支払わざるを得なかったのです。

 

必死に交渉して引越し料金安くできていたのに、その努力を一気に無駄にさせる、この追加費用には本当に怒りを抑えられませんでした。
でも泣き寝入りするしかありませんでした。

 

2回目のトラブル

その数年後、また引越しの機会がありましたので、前回の反省を活かして新居のエアコン取り付け場所を入念に下調べしました。

 

旧居に取り付けてあるエアコンのパイプの長さを測り、新居に設置する時に延長が必要かどうかを、しっかりと計算したのです。

 

そして「確実に延長なしで設置できる!」と判断した上で、1万円の基本工事プランを選択しました。

 

ですが、新居での設置当日、フタを開けてみれば、またしてもこの言葉。
「3メートルの延長料金が発生しますが良いですか?」

 

いやいや、事前に長さを測って延長が必要ないだろうことは確認してるっつーの。何で3メートルも必要なんだ!!
と言葉が荒くなりそうなのを必死で堪えて、取り付け業者の人に詳しい説明を求めました。

 

すると、
「パイプが少し届かないので、結局は全交換ということになり3メートル分が必要です」
「あとパイプも古くなっていますし、交換した方が良いですね」
というような説明をしてきました。

 

私は直感的にこれは「嘘」だな。ということに気がつきました。

 

長さ的には、まず問題なく3メートルはありましたし、その理由だけなら、後からパイプが古くなっているなんて、後付けの理由は言わなかったはずです。

 

何らかの後ろめたさが、この後付けの理由を彼に言わせてしまったのだと思います。

 

おそらく、この外注の取り付け業者達にとってみれば、引越し業者から支払われる報酬だけでは事業としてやっていけず、こうやって延長料金を家庭から取ることで何とかやっているのでしょう。

 

「今回は、延長料金が1万円だったということもあり、基本工事1万円と合わせても2万円。
それなら最初から「スーパーパック」にしておいたと思えば納得できる。」
と私は考えて、不本意ながら今回もその追加分を受け入れることにしました。

 

トラブル対処法

過去2回のエアコントラブルを経験してきて、

  • パイプが足りなくても、
  • 実際は足りていたとしても、

いずれにせよ延長料金は取られてしまうものなら、最初から「スーパーパック」を選んでおいた方が安全だし安上がりで済む。

 

これが私の出した結論です。

 

格安引越しを目指すモノとして、エアコンは本当に鬼門です。

 

無駄な追加料金に後悔しないように、まずは「新居での設置場所」と「現在のホースの長さ」を入念に下調べしておきましょう!

 

そして出来る限り「スーパーパック」を選択するようにしましょう。

格安引越しの答えは一括見積もり