引越し料金はトラックで決まります!

トラックのサイズが小さい方が費用は安い

トラックのサイズは引越し費用の中で大きなウエイトを占めています。
大手の引越し業者の場合は、だいたいトラック1トンで10500円を見積もるのが相場と言われているからです。

 

なので、業者に大きいサイズのトラックを見積もられてしまうと、余計に費用がかかってしまいます。

 

ですから、業者が適正なサイズで見積もってくれているかどうか?ズルして儲けようとしていないだろうか?
というのは、私たち利用者の側でチェックしなければなりません。

 

「素人がそんなことわかるの?」
と思われるかもしれませんが、単身ならこのサイズ、2人家族ならこの大きさ、というのが大体決まっていますので、それを知っているだけでも大丈夫だと思います。

 

平均的なトラックサイズというのは、

  • 単身:2トンショートor2トンロング(3トン)
  • 家族2〜3人:4〜5トン
  • 家族4人以上:6トン以上

というのが業界の標準と覚えておくと良いと思います。

 

ちなみに格安単身引越しのダックさんは18000円という料金でしたよね。

 

上記の平均では、少なくとも2トン(21000円)が必要なのに18000円って安すぎない?と思われたかもしれません。
実はダックさんのシングルプランに付いてくるトラックは1.5トン(15750円)のサイズなのです。

 

それにしても安いですが、ダックさんの単身引越しは通常よりもトラックが小さいということを違いとして知っておくと役立つかもしれません。

 

以下、単身と家族別にもう少しトラックのサイズに関する注意点を書いていきたいと思います。

 

単身の場合

上記で単身引越しのトラックサイズは「2トンor2トンロング(3トン)」と書きましたが、基本的には2トンショートで大丈夫です。

 

よほど荷物の多い方が2トンロング(3トン)となり、引越し費用が1万円アップしてしまいます。

 

2トンショート

 

気をつけないといけないのが、本来なら2トンショートサイズで大丈夫なはずなのに2トンロングと見積もられてしまう場合です。

 

私も経験ありますが、何社か見積りしてもらうと必ずそういう業者っているんですよ。

 

見積り間違いなのか、料金を上げようとしているのかわかりませんが。
なので私たち利用者がチェックしなければいけないのですね。

 

家族引越しの場合

夫婦2人以上の家族引越しとなると、家具も一気に多くなりますので大体4トン以上が相場になってきます。

 

もしかしたら2トン2台で合計4トン分のトラックという見積りになるかもしれません。
それは旧居と新居の前の道路の幅によって決められることなので料金的には変わらないはずです。

 

4トントラックは非常に大きいので、道幅が狭い道路だと使えないのですね。
なので業者は2トン×2トンで対応してくれます。

 

引越し業者のトラックの種類

それでは引越し業者が用意しているトラックには、どのような種類があるのでしょうか?

 

  • アリさんマークの引越社
  • サカイ引越センター
  • アート引越しセンター

の大手3社で比較すると、細かな違いはあるのですが、大まかなところでは大体同じようなトラックを用意しています。

 

このページでは代表して「アート引越センター」のトラック・車輌について紹介していきます!

 

引越しトラックの種類

 

1トン車

軽トラックのように天井が幌と呼ばれる布シートになっているタイプです。

  • 全長:4.69m
  • 全幅:1.69m
  • 荷台の広さ:10u

 

荷物がとても少ない単身引越しの場合に使われます。

 

2トンショート

最も標準的な引越しトラックです。

  • 全長:4.90m
  • 全幅:1.90m
  • 荷台の広さ:10u

 

実は1トン社と荷台の広さは変わりません。
ですが横幅が広がる為に、より大きめの家具を運べるようになります。

 

荷物がそれほど多くない単身引越しの場合は、このサイズにするのが料金的にも高くなり過ぎないのでお勧めです。

 

2トンロング

このサイズも登場回数が多いです。

  • 全長:6.34m
  • 全幅:2.18m
  • 荷台の広さ:15u

 

同じ2トンにも関わらず、ショートよりも一気にサイズアップします。
荷物が多めの単身引越し、荷物が少な目の夫婦引越しなどの場合は、このサイズのトラックを配車されます。

 

3トン車

家族3人以上になるとこちらのサイズになってきます。

  • 全長:7.20m
  • 全幅:2.20m
  • 荷台の広さ:25u

 

2トンロングよりも荷台が10平米も広いタイプです。
つまり「2トンロング+2トンショート」分となります。

 

4トン車

夫婦+子供2人もしくは祖母や祖父が同居してるなど、今で言うと大家族に近い家族構成の時に登場するトラックです。

  • 全長:9.58m
  • 全幅:2.40m
  • 荷台の広さ:35u

 

ただ全長が10メートル近くなるので、新居の前の道路が広くないと駐車することができません。

 

その場合は、

  • 3トン+2トンショート
  • 2トンロング2台+2トンショート

などサイズの小さなトラックを組み合わせる形になります。

 

ただその場合は、ドライバー人員が多めに必要になったりと、コストが上がってしまうこともあります。

格安引越しの答えは一括見積もり