迷ったら買い替えた方が安いかも!?

エアコン、ウォシュレットが料金を高くする原因

私が以前、家族引越しをした時のことなのですが、業者の見積もりの内訳を見てビックリしてしまいました。

 

料金は合計で95000円だったのですが、その半分がエアコンとウォシュレットの引越し費用になっていたのです。

 

あまりにも驚いたので金額までよく覚えていますが、

  • エアコンの取り外し+新居への取り付け:2万円
  • ウォシュレットの取り外し+新居への取り付け:1万5000円
  • エアコンの取り外し+廃棄:5000円

という料金になっていました。

 

しかも、エアコンの廃棄は2台ありましたので、上から順に、
2万+1.5万+0.5万+0.5万で合計4.5万円です。
エアコンとウォシュレットの引越し代金だけですよ。

 

全ての合計が9.5万円でしたから、純粋な引越し費用は5万円だけで家族単位なら結構安いですよね。
高いのは4.5万円もかかるエアコンとウォシュレット代だったのです。

 

私が料金を高くする原因は、この2つの引越しにあるということがわかって頂けましたでしょうか。

 

値引きができない外注費

水まわりの作業というのは、電気工事が関わるところですので、大手の引越し会社でも提携している外注業者に委託しています。

 

ですので、引越し会社が値引きを頑張れるのは上の例で言うと5万円の部分のみで、外注費となるエアコンとウォシュレットに関しては業者さんも値引きができない料金項目なのです。

 

安くするための方法

そんな高いエアコンとウォシュレットの引越し費用ですが、諸々の料金を安くする為のアイデアをいくつかピックアップしていきます!

 

(1)廃棄して新しいモノを買う

エアコンやウォシュレットの引越し費用に関しては値引きができないので、なるべく旧居で廃棄していく。
というのが引越し料金を安く済ませるポイントになってきます。

 

古いエアコンは廃棄

 

特にエアコンに関しては、古いモデルを使っていると電気料金が高いままのことがありますので、買い替えを考えた方が良いかもしれません。

 

新品の値段が10万円だとして、本来引越しをしたら2万円がかかってたはずなので、2万円を引いて8万円で新しいものを買えて、さらに電気代が安くなると思えば許せる範囲でしょうか。

 

ウォシュレットに関しても、長年使っていると急に壊れたりしますので、引越し費用で1.5万円も取られるくらいなら買い替えた方が賢い選択かもしれないですね。

 

さらにウォシュレットの場合、取り外す時に結構、汚れていることに気がつくと思います。

 

使用済みの汚いものを旧居から持っていって、新居に設置するというのも、かなり気が滅入るものだと思います。

 

なので、ウォシュレットに関しても引越しの段階で書い直してしまうのが一番スッキリしますね。

 

とにもかくにも、エアコンやウォシュレットが多いご家庭は、その引越し費用が高くなってしまうということを事前知識として知っておいてもらえたらと思います。

 

(2)専門業者に依頼する

エアコンとウォシュレットの移動は、引越し一括見積もり経由で依頼する引越業者が全て手配してくれるので、全て任せてしまうのが一番楽なのは間違いないです。

 

ですが、手間をかけても良いから、少しでもお金をかけずに移動したいと考えるなら、各専門業者に依頼するというのも一つの方法です。

 

専門業者というのは、

  • エアコン引越し専門業者
  • ウォシュレット取り付け・取り外し専門業者(水漏れ系業者)

などのことです。
それぞれの移設のプロフェッショナルということですね。

 

そして、自分で専門業者に依頼した方が、中抜き料金(中間マージン)を取られないので、安く依頼できることが多いのです。

 

例えば、引越し一括見積もりから、大手引越し業者の

  • サカイ引越センター
  • アート引越センター
  • アリさんマークの引越社

などを選ぶとします。

 

上記で説明したように、大手引越業者のスタッフでもエアコンやウォシュレットの取り付け・取り外しは技術的にできないので、外注として専門業者に依頼しているわけですね。

 

そこには引越業者と専門業者の間に、中間マージンが発生するので、間接的なコストが一段増えてしまうのですね。

 

なので、自分で専門業者を探して依頼した方が、料金的には安く済ませられるというわけです。
ただ、安くなっても数千円くらいです。

 

自分で探す手間(時間)の方が高くつくと考える方は、一括見積もりから引越業者に全て一任してしまった方がスムーズです。

 

(3)自分で取り付け・取り外しをする

エアコンとウォシュレットの取り付けと取り外しというのは、実はかなり難しいのですが、普段からDIYなどで知識や経験、スキルがある方なら、もしかしたら自分で移設可能かもしれません。

 

また、エアコンの方は難易度が高いので業者に任せても良いかもしれませんが、ウォシュレットの方は「やったことがある」という方は多いです。

 

ただ、実は私も新居用のウォシュレット本体をアマゾンで購入して、取り付けのみ自分でやってみようとトライしたことがあります。

 

その結果は、水道管とウォシュレットを結ぶホースの長さを少し切る必要が出てきて、その段階で断念して、専門業者を呼ぶことになりました。。

 

ウォシュレットの説明書を読むと、「自分で取り付ける方法」も書かれてあって「簡単にできそう!」と思っていたのですが、実際は素人では難しいものだと思います。

 

(4)大家、オーナーを交渉して旧居に設置したまま置いていく

これも私が実際にやったことのある方法です。

 

入居する時にエアコンとウォシュレットどちらも付いていなかった物件だったので、通常は退去時に取り外して、入居した時と同じように現状復帰する必要があります。

 

ですが、その物件のオーナーは少し緩いところがあったので、私は、

  • もしかしたら置いていってあげた方が喜ばれるのではないか?
  • そうなると取り外して廃棄する分だけの費用が浮く

と考えたのです。

 

そして不動産管理会社経由でオーナーに交渉してもらったところ「OK」を貰えました。
その結果、エアコンとウォシュレットにかかる分の業者の費用2〜3万円分を節約することができたのです!

 

少しでも安く移設したい方は上記の方法を参考にしてみてください!

格安引越しの答えは一括見積もり